FC2ブログ

2009/11/18 山形新聞朝刊 「磨き抜いた歌声どうぞ」

山形新聞 上
山形新聞 下

スポンサーサイト



2004/11/11 山形新聞夕刊 「都知事賞受賞記念、アカペラをCDに収録」

0000005139.jpg

 山形市内を中心に活動しているアカペラ(楽器伴奏のない合唱)グループ「アンサンブル・コルネ」(太田純功代表)が3枚目のCDアルバム「ア・カペラの響きをもとめて―3」を制作した。2月の「東京ヴォーカルアンサンブルコンテスト」で最高賞に選ばれたことを記念しての制作で、同グループのオリジナル曲など24曲を収録している。

 同グループは1982(昭和57)年に発足。現在のメンバーは山形、寒河江、天童などの25―53歳の男女6人ずつで、コルネ(角笛)のように心に染みるハーモニーを目指し、山形市内の教会で練習を重ねている。同コンテストには、これまでルネサンス・バロック部門に 11回参加し、金賞を4回、銀賞を5回受賞しているが、今回初めて最高賞の都知事賞に選ばれた。アルバムには受賞曲のジョスカン・デプレ作曲「アベ・マリア」をはじめとする欧州の教会音楽、山形市出身の増田順平さんが編曲した山田耕筰作曲の作品、結成20周年を記念して2年前に完成したオリジナル曲「野菜畑のソクラテス」を初収録した。

 オリジナル曲は、金山町で開かれた全国植樹祭で音楽監督を務めた田中賢さんが作曲を担当した。CDには2002、03年に山形市の山形テルサで開いた定期公演での歌声を収めた。

 「野菜畑のソクラテス」以外は、残響の良い河北町・北谷地小のエントランスホールで録音した。同グループは、4つの独立した声部が絡み合う「ポリフォニー」スタイルをとっているのが特徴。太田代表は「最高の楽器といわれる人の声が持つ独特の柔らかさを感じてほしい」と話している。CDは1枚2000円で、1000枚を制作した。

 問い合わせは太田代表0237(86)6691。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

2002/11/21 山形新聞夕刊 「山形のアカペラグループが30日にコンサート」

山形市内を中心に活動を続け、今年結成20周年を迎えるアカペラ(楽器伴奏のない合唱)グループ「アンサンブル・コルネ」(太田純功代表)が、11月30 日、山形市の山形テルサで記念コンサートを開催する。全国植樹祭のテーマ曲などを手掛ける作曲家・田中賢さんに依頼したオリジナル曲も完成。初披露に向けて熱のこもった練習を重ねている。

 アンサンブル・コルネは、大学時代から合唱を続けてきた太田代表が、村山地区の主婦や会社員らとともに、1988 年に結成、現在のメンバーは10人。「メイン」の主旋部と「バック」のコーラスなどに分かれるホモフォニーではなく、全員が主役となって自分のパートを主張できる“ポリフォニー”と、“生の声”が生きるアカペラにこだわってきた。「無伴奏なので自分を主張するだけではハーモニーにならない。練習を重ねて今では、周囲の息遣いがテンポに聞こえるまでになった」と太田代表。

 93年に兵庫県宝塚国際室内合唱コンクールで銀賞、東京ヴォーカルアンサンブルコンテストでは過去3回金賞を受賞。去年は、第38回県民芸術祭大賞に選ばれた。これまで2枚のCDを発売し、県内屈指のコーラスグループに成長した。

 20年という節目を記念し、オリジナル曲も準備。作曲は、今年6月に金山町で開かれた全国植樹祭で作曲や音楽監督を担当し、長野冬季五輪の公式ファンファーレなども手掛けた田中さんに依頼。歌詞は、第13回現代詩花椿賞などを受賞した八木幹夫さんの詩集「野菜畑のソクラテス」から、カボチャ、ネギ、キュウリなど5編を選んだ。

 当日は、新曲のほか、賛美歌など計15曲を披露する。メンバーも「アカペラも、最近やっと注目を集めてきた。歌い手の声が絡み合う独特な響きを楽しんでほしい」と意気込んでいる。開演は午後7時。一般1500円、学生1000円。問い合わせ023(631)9355。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

2001/3/3 山形新聞朝刊 「県民芸術祭大賞に『アンサンブル・コルネ』」

0000006547.jpg

県民芸術文化会議(田中哲会長)は2日、第38回県民芸術祭の審査結果を発表。大賞にはアンサンブル・コルネ(太田純功代表)のコンサート「ア・カペラの響き」が選ばれた。

 アンサンブル・コルネは女声、男声それぞれ5人の構成。1982(昭和57)年に山形バロック合唱研究会として発足し、88年に改称した。メンバーは村山地区一円から集まり、山形市内の教会を拠点に練習を重ね、フランス語で角笛を意味するコルネのような澄み切った、心にしみるハーモニーを追求。東京ヴォーカルアンサンブルコンテストで95年、96年、さらに今年の3回、金賞に輝いている。

 「ア・カペラの響き」は10回目の節目となるコンサートで、去年12月2日に山形市の文翔館議場ホールで開かれた。審査では「調和が見事で、歌唱技術、音楽性ともに全国レベルを証明できるコンサート」と高く評価された。

 県民芸術祭初参加で大賞に輝き、太田代表は「小人数で指揮者を置かないスタイルで、メンバーが互いに息を感じながら歌い、積極的に音楽をつくってきた。アマチュアとしてあえて難しいことに挑戦してきたが、認められてうれしい」と喜びを語った。

 去年9月1日から今年1月末まで開催された県民芸術祭の参加事業は過去最多の111。表彰式は今月25日に県民会館で開かれるトップコンサートの席上、行われる。そのほかの受賞作品は次の通り。

 ◇優秀賞=第16回30周年・指揮者叙勲記念タウベンコール定期演奏会(タウベンコール、平栄子代表)▽スイング・クレインズ・ジャズ・オーケストラ結成10周年リサイタル(スイング・クレインズ・ジャズ・オーケストラ、橋本祥造代表)▽米沢吹奏楽愛好会第29回定期演奏会(米沢吹奏楽愛好会、宮沢誠代表)▽第50回記念新庄美術協会公募展(新庄美術協会、加藤登代表)▽第15回置賜書道クラブ展(置賜書道クラブ、佐藤伸雲代表)▽劇団山形創立35周年記念第60回公演(劇団山形、松井光義代表)▽良絃会発足25周年記念発表会(良絃会、井上喨絲代表)

 ◇奨励賞=命の鼓動の共演パート4(おおえの歴史と文化創造事業実行委員会、清野昭一郎代表)▽美鈴会(美鈴会、山岸啓治代表)▽鶴岡写友会第19回写真展「ふるさと賛歌」(鶴岡写友会、村岡秀夫代表)

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

アンサンブル・コルネ

Author:アンサンブル・コルネ
代表 太田純功
℡:0237-86-6691 

コルネからのお知らせ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク