FC2ブログ

CD「ア・カペラ 日本の歌」全27曲 好評発売中!

IMAGE000.jpg
アンサンブル・コルネの5枚目のCD

■「ア・カペラ 日本の歌」MRL-1200CD
Ⅰ 増田順平(1934~)の編曲作品から
  [1]夏の思い出  [2]椰子の実  [3]牧場の朝  [4]雪  [5]雪の降る町を
  [6]スキー
Ⅱ 信長貴富(1971~)の編曲作品から
  [7]里の秋  [8]箱根八里  [9]花  [10]みかんの花咲く丘  [11]別れの歌
Ⅲ 武満 徹(1930~1996)の作曲作品から
  [12]島へ  [13]死んだ男の残したものは
Ⅳ 木下牧子(1956~)の作曲作品から
  [14]おんがく  [15]ロマンチストの豚  [16]鷗  [17]夢見たものは
Ⅴ 湯山 昭(1932~)の作曲作品から
  [18]よろこびの歌  [19]春の誕生  [20]夏の嵐
  [21]こんなに秋の晴れた日は  [22]雪の夜の思い出  [23]歌ごえはささやく
Ⅵ アンコールにこたえて
  [24]赤とんぼ(山田耕筰・曲)  [25]わたり鳥(大中 恩・曲)
  [26]おやすみ(藤沢孚・曲)   [27]風の子守歌(池辺晋一郎・曲)

※ 試聴はこちら→試聴コーナー2



■増田順平氏(合唱指揮者/山形市出身)推せんのことば

  =アンサンブル・コルネへの応援歌=

 ヨーロッパ中世のポリフォニーを得意とするアンサンブル・コルネが、日本の歌を美しく心を込めて歌いたいと思うのは、日本人として至極当然のことでしょう。
 これまでのコンサートで多くの邦人作品や編曲を取り上げてきたものからピックアップされたこのCDは、歌うこと、ハモることが大好きな彼らの気持ちが、そして何よりアカペラ合唱への愛情と熱意が十分に伝わってくる一枚です。
 日本語を歌うのは意外に難しい面があり、母音の色が揃わなかったり、子音が出にくかったり、一音符一音節が多く平板な歌になりやすい面がありますが、それに果敢に取り組まれているのがよく分かります。
 アンサンブル・コルネで特筆すべきは、特にソプラノが終始安定していることです。これは賞讃に価します。このソプラノがいる限り、このグループはコーラスファンを魅了し続けることでしょう。私も一ファンとして、大いに今後を期待している一人です。
増田順平氏プロフィール





■5枚目のCD 「ア・カペラ 日本の歌」 全27曲
    1500円 好評発売中!


   (※CDのお求めは、山形市の富岡本店・八文字屋本店及び山形北店で)→CDの購入方法




アンサンブル ・コルネ
CD「ア・カペラ 日本の歌」の発刊について
2012年7月
アンサンブル,コルネ一同(代表 太田純功)
〒991-0032 山形県寒河江市南町3-1-6 ℡0237(86)6691

 このたび、CD『ア・カペラ 日本の歌』を発刊いたしましたので、ご案内いたします。
 私たちは、1982年の発足以来、指揮者なしの少人数のア・カペラにこだわりながら、コルネ(角笛)のように心しみ入る美しいハーモニーを目指してきました。 声楽アンサンブル・コンテストに向けて取り組んだルネサンス期の教会音楽やマドリガルなどを中心に、これまで4枚のCDを製作し、多くの皆様に好評をいただいております。
 しかし、一昨年までに20回を重ねた定期コンサートで、“日本の歌”も数多く演奏し、大切なレパートリーとして温めてきており、CDに取り上げていない魅力的な曲もたくさんあることに思い至ったところです。
 そこで、ア・カペラの小アンサンブルの楽しさ・面白さ・醍醐味といったものを、より多くの皆様に感じ取っていただき、味わっていただきたいとの願いを込めて、“日本の歌”だけをピックアップしたCDを造ってみました。
 2001年の11回コンサートより2010年の20回記念コンサートまでの10年間の山形テルサホールでのライブ録音の中から、合唱ファンの人達にも気に入ってもらえそうな素敵な日本の合唱曲を27曲選び取り、作曲者・編曲者別に再構成いたしました。
 多少のノイズや拍手なども混じっていますが、10年間同じマイク、同じDATの装置を使って録音したこともあり、音質のムラはなく、適度な残響を心地よく感じていただけるものと思っております。
 加えて、山形市出身の合唱指揮者で、名編曲家でもいらっしゃる増田順平先生から、原版を試聴してもらったうえで、素晴らしい“推薦のことば”を寄せていただくことができました。 大変光栄であり、一同大感激しているところです。
 つたない演奏ではありますが、ア・カペラに対する私たちの熱い思いが詰まった一枚ですので、ぜひお聴き取りくださいますようご案内申しあげます。




■「ア・カペラ 日本の歌」MRL-1200CD
◆録音データ◆
  会場:山形テルサホール ライブ録音(山形市)
 ○11thコンサート(2001.12. 1)    [26](アンコール)
 ○12thコンサート(2002.11.30)    [25](アンコール)
 ○13thコンサート(2003.12. 6)    [23](アンコール)・[24](アンコール)
 ○14thコンサート(2004.12. 4)    [4]・[6]
 ○16thコンサート(2006.11.25)    [12]~[16]
 ○17thコンサート(2007.12. 1)    [1]~[3]・[17](アンコール)
 ○18thコンサート(2008.11.28)    [18]~[22]・[27](アンコール)
 ○19thコンサート(2009.11.29)    [7]~[10]・[11](アンコール)
 ○20th記念コンサート(2010.11.27)  [5]

◆演 奏 者◆
SOPRANO
    太田 淳子  [1]~[27]
    松沢紀美子  [1]~[27]
    黄木 愛子  [1]~[24]・[27]
ALTO
    柴田 裕子  [1]~[11]・[17]~[27]
    村山 歩   [1]~[3]・[5]・[12]~[17]
    八鍬 信子  [1]~[4]・[6]・[12]~[27]
    鈴木 郁子  [4]・[6]・[23]・[24]
    永井 玲子  [7]~[11]
TENOR
    太田 純功  [1]~[27]
    小畑 広明  [1]~[27]
    鈴木 慎也  [1]~[4]・[6]~[27]
BASS
    小野 正司  [1]~[27]
    梅津 陽一  [1]~[27]
    布川 清史  [1]~[27]
スポンサーサイト



4枚目のCD「ア・カペラの響きをもとめて-4」全22曲 2000円 好評発売中!

 
cornetCD4.jpg

アンサンブル・コルネの4枚目のCD
「ア・カペラの響きを求めて-4」MRL-1000CD
■第1部ヨーロッパの教会音楽から
"アヴェ・マリア" "四声のミサ曲" "ミサ曲西風"など6曲
■第2部イタリアのマドリガーレから
「愛する女の墓に流す恋人の涙」より"おお白く妙なる腕"など4曲
■第3部増田順平編曲『日本の歌』」から
"おぼろ月夜" "待ちぼうけ" "ふるさと" "赤とんぼ" など12曲

増田順平氏(合唱指揮者/山形市出身)推せんのことば
アンサンブル・コルネ。なんと爽やかであか抜けた響きのコーラスでしょう。彼らのポリフォニーの演奏は、名前を聞かなければヨーロッバの合唱団かと耳を疑わせるほどです。演奏者一人ひとりがポリフォニーを本当に愛し、好きで好きでたまらないという雰囲気が満ちていない限り、聴衆を最後まで惹きつけるのは難しいものですが、このグルーブはそれを成し遂げています。各声部が極力ビブラートを抑え、しかも音楽性を失わないことは至難の技ですが、それを見事に果たしています。
私の編曲をCDの半分近くも取り上げて頂き、細部まで丁寧に磨き上げた演奏をして下さることは、編曲者冥利に尽きるものです。

◆4枚目のCD 全22曲 2000円 好評発売中
(※CDのお求めは、富岡本店・八文字屋本店及び山形北店で)
CDの購入方法


2009年10月
アンサンブル,コルネ一同(代表 太田純功)
〒991-0032 山形県寒河江市南町3-1-6 ℡0237(86)6691

アンサンブル ・コルネ
CD「ア・カペラの響きをもとめて-4」の発刊について

 日頃より、私たちアンサンブル・コルネの合唱活動に温かいご支援・ご指導をいただき、心から感謝申しあげます。私たちは、1982年の発足以釆、指揮者を置かず少人数のア・カペラにこだわりながら、コルネ(角笛)のように心にしみ入る美しいハーモニーを目指してまいりました。

 このたび、CD「ア・カペラの響きをもとめて-4」を発刊いたしました。
 ア・カペラの合唱の良さをより多くの皆様に感じていただき、楽しんでいただきたいとの願いから、この5年間に少しずつ録音してきた中の選り抜きの22曲を集めて、3部構成としております。96年、00年、04年に制作したのに続き、シリーズ4枚目となります。

 今回は、山形市出身の合唱指揮者で、全国にたくさんのファンをもつ増田順平先生にお願いして、原版を試聴していただいたうえで、身に余る素晴らしいコメントを寄せていただくことができました。一同、大変に光栄に感じ、勇気づけられております。

 第1部は、ヨーロッパの教会音楽から、ジョスカン・デプレの "アヴェ・マリア"やW.バードの「四声のミサ曲」の "クレド"など、ルネサンス期ポリフォニーの名作6曲を収録しています。

 また第2部は、C.モンテヴェルディによるルネサンス期マドリガーレの最後の傑作といわれる「愛する女の墓に流す恋人の涙」から"おお白く妙なる腕"など4曲、そして第3部は、増田順平先生の最近の編曲集『日本の歌』から"おぼろ月夜""待ちぼうけ""故郷""赤とんぼ"など、お馴染みの12曲を収めています。

 録音については、第1部は前回までと同じく、ヨーロッパの石造り教会の残響を想わせる河北町立北谷地小学校の三層吹き抜けのエントランスホールをお借りしました。第2部は山形セントキャサリン教会、第3部は山形テルサホールと、曲の雰囲気にあわせて会場を替えて録音しております。

 また、録音技術及び原版制作は、東北一円の舞台で活躍しておられるマスターレコード・ラボラトリー(寒河江市)の小林清治氏にお願いしました。5年間に及ぶ少しずつの録音に辛抱強く付き合ってもらい、とてもクリアで聴きやすい、自然な音に仕上げていただいたと思っています。

 つたない演奏ではありますが、私たちのア・カペラに対する熱い思いが詰まった1枚ですので、ぜひお聴き取りのうえ、ご批評・ご指導くださるようお願い申し上げます。



【収録曲】

Ⅰ ヨーロッパの教会音楽から
<1>アヴェマリア                   (グレコリオ聖歌)
  Ave Maria (Cantus Gregorianus)
<2>アヴエ・マリア                  (ジョスカン・デプレ)※試聴可(試聴曲5)
  Ave Maria (Josquin des Prez ca.1440~1521)
<3>キリエ(哀れみの賛歌)/"四声のミサ曲"より(ウィリアム・バード)
  Kyrie/from"Mass for Four Voices" (William Byrd 1543~1623)
<4>グローリア(栄光の讃歌)/"恵み深き乙女のミサ曲"より
                              (ジョスカン・デプレ)
  Gloria/from "Missa de Beata Virgine" (Josquin des Prez ca.1440~1521)
<5>クレド(信仰宣言)/"四声のミサ曲"より  (ウィリアム・バード)
  Credo/from "Mass for Four Voices" (William Byrd 1543~1623)
<6>クレド(信仰宣言)/ミサ曲"西風"より   (ジョン・タヴァナ一)
  Credo/from"Mass for Western Wind" (John Taverner ca.1490~1545)

Ⅱ イタリアのマドリガーレから
「愛する女の墓に流す恋人の涙]より (クラウディオ・モンテヴェルデイ)
  Lagrime d'amante al sepolcro dell'amata (Claudio Monteveldi l567~1643)
<7>むごきこの墓
  Incenerite spoglie
<8>告げよ、嘆き悲しむ声
  Ditelo o fiumi e voi
<9>夜には光をたたえ
  Darà la notte il sol
<10>おお白く妙なる腕
  O chiome d'or

Ⅲ 増田順平編曲『日本 の歌』 か ら
<11>花の街        (江間章子詞/團伊玖磨曲)
<12>めだかのがっこう   (茶木 滋詞/中田喜直曲)
<13>背くらべ       (海野 厚詞/中山晋平曲)
<14>おぼろ月夜      (高野辰之詞/岡野貞一曲)※試聴可(試聴曲6)
<15>アイスクリームの歌  (さとうよしみ詞/服部公一曲)
<16>秋の子        (サトウハチロー詞/末広恭雄曲)
<17>小さい秋みつけた   (サトウハチロー詞/中田喜直曲)
<18>待ちぼうけ      (北原白秋詞/山田耕作曲)
<19>どんぐりころころ   (青木存義詞/梁田 貞曲)
<20>あられ        (葛原しげる詞/梁田 貞曲)
<21>故郷(ふるさと)    (高野辰之詞/岡野貞一曲)
<22>赤とんぼ       (三木露風詞/山田耕作曲)

■録音
河北町/北谷地小学校エントランスホール
<1><2><4> 2009. 2. 1
<3><5>      2007. 1.27
<6>           2006. 1.29

山形市セントキャサリン教会
<7>~<10> 2005. 2. 3

山形市/山形テルサホール
<11>~<14> 2005. 3.19
<15>          2007.12. 1(ライブ録音)
<16>~<19> 2008. 2. 3
<20>          2004.12. 4(ライブ録音)
<21><22>    2005.11.26(ライブ録音)

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ア・カペラの響きをもとめて-3 (2004年出版) 全24曲 2000円

0000005139.jpg
アンサンブル・コルネのCD
「ア・カペラの響きをもとめて-3」 MRL-800CD

アンサンブル・コルネ
CD『ア・カペラの響きをもとめて-3』の発刊について


 このたび、第19回東京ヴォーカルアンサンブルコンテスト(2004.2.1/東京都・北とぴあさくらホール)のルネサンスバロック部門において、金賞及び最高賞にあたる東京都知事賞を受賞したことを記念し、CD『ア・カペラの響きをもとめて-3』を発刊いたしました。96年と2000年にも同タイトルのCDを制作したのに続き、今回で3枚目となります。

 この東京ヴォーカルアンサンブルコンテストには、これまで11回挑戦し、金賞4回、銀賞5回受賞しましたが、最高賞は今回が初めてで、しかも東京以外の団体が受賞するのは稀なことと聞き、大変幸運なことで光栄に思っているところです。
 そこで、これを記念し、ア・カペラの合唱の良さをより多くの皆様に感じていただき、楽しんでいただきたいとの願いから、この4年間に録音してきた曲をもとに、3部構成からなるCDを制作することにいたしました。

 第1部は、ヨーロッパの教会音楽から、都知事賞を受賞したジョスカン・デプレの”アヴェ・マリア”を始め、ルネサンス期のミサ曲など11曲を収録しています。また第2部では、私たちの愛唱曲から、ジョン・ダウランドのマドリガルや山形市出身の増田順平の編曲による山田耕筰の抒情歌など8曲、そして第3部は、創立20周年を記念して田中賢先生に作曲を委嘱した『野菜畑のソクラテス』より曲集Ⅰから、だいこん、かぼちゃなど5曲を収めています。この第3部については、一昨年の第12回コンサートの折りのライブ録音であり、当日会場に足を運んでもらった田中先生から、このCDのために心あたたまるメッセージを寄せていただくことができました。 

 全24曲のうち、ライブを除く12曲は、前回と同じく、残響のすばらしい河北町立北谷地小学校の三層吹き抜けのエントランスホールをお借りして録音したものです。録音技術及び制作は、東北一円の音楽現場で活躍しておられるマスターレコード・ラボラトリー(寒河江市)の小林清治氏にお願いしました。とてもクリアで、自然な音に仕上がっていると思っています。 

 しばし、人の声だけの柔らかいハーモニーに浸っていただき、日常のストレスを癒していただけたなら、と存じております。つたない演奏ではありますが、私たちの思い入れが詰まった1枚ですので、ぜひお聞き取りのうえ、ご批評・ご指導くださいますようお願い致します。




【収録曲】
Ⅰ ヨーロッパの教会音楽から
<1>アヴェ・マリア       (トマス・ルイス・デ・ビクトリア)
    Ave Maria (Thomas Luis de Victoria 1548~1611)
<2>アヴェ・ヴェルム・コルプス (ウイリアム・バード)
    Ave verum Corpus (William Byrd 1543~1623)
<3>おお、大いなる神秘     (ウイリアム・バード)
    O magnum misterium (William Byrd 1543~1623)
<4>アヴェ・マリア       (ジョスカン・デプレ)
    Ave Maria (Josquin Des Pres c.1440~1521)
<5>グローリア(栄光の讃歌)/ミサ”パンジェ・リングヮ”より
                   (ジョスカン・デプレ)
    Gloria/from Missa Pange Lingua (Josquin Des Pres c.1440~1521)
<6>グローリア(栄光の讃歌)/ミサ”ラソファレミ”より
                   (ジョスカン・デプレ)
    Gloria/from Missa "La sol fa re mi" (Josquin Des Pres c.1440~1521)
<7>アニュス・デイ(平和の讃歌)/ミサ”ラソファレミ”より
                   (ジョスカン・デプレ)
    Agnus Dei/from Missa "La sol fa re mi" (Josquin Des Pres c.1440~1521)
<8>主よ、汝の聖霊を与えたまえ (トマス・タリス)
    O Lord,give thy Holy Spirit (Thomas Tallis ca.1505~1585)
<9>我は生けるパンなり     (G.P.パレスとリーナ)
    Ego sum panis vivus    G.P.Palestrina (Ca.1525~1594)
<10>めでたきかな この世の女王 (フランシス・プーランク)
    Salve REgina (Francis Poulenc 1899~1963)
<11>アヴェ・マリア       (セルゲイ・ラフマニノフ)
    Ave Maria (Serge Rachmaninov 1873~1943)

Ⅱ愛唱曲から
<12>魔力で眠らせておくれ    (ヘンリー・レスリー)
    Charm me asleep (Henr Leslie 1822~1896)
<13>愛してる、ああ君を愛してる (トマス・モーリー)
    I love , alas, I love thee (Thomas Morley 1558~1603)
<14>ご婦人向きのすてきな小物  (ジョン・ダウランド)
    Fine knacks for ladies (Joh Dowland 1563~1626)
<15>青がえる
    山田耕筰曲/三木露風詞/増田順平編曲
<16>洗濯ばあさん
    山田耕筰曲/川路柳虹詞/増田順平編曲
<17>ペィチカ
    山田耕筰曲/北原白秋詞/増田順平編曲
<18>砂 山
    山田耕筰曲/北原白秋詞/増田順平編曲
<19>かやの木山
    山田耕筰曲/北原白秋詞/増田順平編曲

Ⅲアンサンブル・コルネ委嘱作品《創立20周年記念》

「野菜畑のソクラテス」より曲集Ⅰ- 声楽アンサンブルのために-
<20>だいこん
    (田中 賢曲/八木幹夫詞)
<21>かぼちゃ
    (田中 賢曲/八木幹夫詞)
<22>ふ き
    (田中 賢曲/八木幹夫詞)
<23>葱(ねぎ)
    (田中 賢曲/八木幹夫詞)
<24>きゅうり     **試聴コーナー
    (田中 賢曲/八木幹夫詞)


◆コンクール受賞等のあしあと3◆

<>内の番号はCD「ア・カペラの響きをもとめて-3」の収録曲番号

・第19回東京ヴォーカルアンサンブル・コンテスト
  ルネサンス・バロックの部金賞・東京都知事賞受賞<1><4>
   (2004.2.1 東京都・北とぴあさくらホール)
・第16回東京ヴォーカルアンサンブル・コンテスト
  ルネサンス・バロックの部 金賞受賞<3>
   (2001.2.12 東京都・北とぴあさくらホール)
・第11回山形県声楽アンサンブル・フェスティバル
  講評者特別賞[志鎌綾子氏]受賞
  (2201.2.11山形AZ中央公民館ホール)
・第18回東京ヴォーカルアンサンブル・コンテスト
  ルネサンス・バロックの部 銀賞受賞<5><9>
   (2003.2.11 東京都・北とぴあさくらホール)
・第17回東京ヴォーカルアンサンブル・コンテスト
  ルネサンス・バロックの部 銀賞受賞<6><8>
   (2002.2.11 東京都・北とぴあさくらホール)

■録音
山形県河北町立北谷地小学校エントランスホール
(録音技術:MATER RECOR LABOLATORY 小林清治)
CD<1><4>        (2004.1.25)
CD<2><12><13><14>   (2001.3.20)
CD<3>         (2001.2. 4)
CD<5><9>        (2003.2. 2)
CD<6><7><8>      (2002.2. 3)

山形市/山形テルサホール(ライブ録音)
CD<10><20>~<24>    (2002.11.30) 第12回コンサート
CD<11><15>~<19>    (2000.12.6)  第13回コンサート

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ア・カペラの響きをもとめて-2 (2000年出版)全25曲 2000円

CD2 photo21
アンサンブル・コルネのCD
「ア・カペラの響きをもとめて-2」 MRL-700CD


【収録曲】
Ⅰ ヨーロッパの教会音楽から
<1>世の救い主よ          (トマス・タリス)
    Salvator mundi(Thomas Tallis ca.1505~1585)
<2>救いなるいけにえよ       (トマス・タリス)
    O salutaris hostia(Thomas Tallis ca.1505~1585)
<3>アヴェ・マリア         (ロバート・パーソンズ)
    Ave Maria(Robert Parsons ?~1570)
<4>神は天に昇りたまいぬ      (ピーター・フィリップス)
    Ascendit Deus (Peter Philips ca.1565~ca.1635)
<5>わがハープは悲しみの音に変わり (アロンソ・ロボ)
    Versa est in luctum(Alonso Lobo 1555~1617)
<6>慈しみと愛のあるところ     (モーリス・デュリュフレ)
    Ubi caritas et amor(Maurice Durufle 1902~1986)
<7>羊飼いたちよ、汝ら見しものを語れ(フランシス・プーランク)
    Quem vidistis pastores dicite(Francis Poulenc 1899~1963)

Ⅱイギリスのマドリガルから
<8>ゆかいに歌おう         (トマス・ウィルクス)
    Sing we at pleasure(Thomas Weelkes ca.1575~1623)
<9>今は五月の季節         (トマス・モーリー)
    Now is the month of maying(Thomas Morley 1558~1603)
<10>春は君の顔           (トマス・モーリー)
    April is in my Mistress' face(Thomas Morley 1558~1603)
<11>フローラが美しい花をくれた   (ジョン・ウィルビー)
    Flora gave me fairest flowers(John Wilbye 1574~1638)
<12>帰っておいで          (ジョン・ダウランド)
    Come again(John Dowland 1563~1626)
<13>この思いを遂げられぬとしたらどうしよう(ジョン・ダウランド)
    What if I never speed (John Dowland 1563~1626)
<14>今や生命ある者すべて      (ジョン・ベネット)
    All creatures now (John Bennet ca.1575~after 1614)
<15>火事だ!火事だ!        (トマス・モーリー)
    Fyer,Fyer! (Thomas Morley 1558~1603)

Ⅲ愛唱曲から
<16>緑の森よ            (フェリックス・メンデルスゾーン)
    Abscied vom Walde (Felix Mendelssohn 1809~1847)
<17>森の中で            (フェリックス・メンデルスゾーン)
    Im Walde(Felix Mendelssohn 1809~1847)
<18>春また帰りぬ          (フェリックス・メンデルスゾーン)
    Neujahslied(Felix Mendelssohn 1809~1847)
<19>森にひびく歌声         (フェリックス・メンデルスゾーン)
    Der wandernde Musikant(Felix Mendelssohn 1809~1847)
<20>手に手をとりあい        (フェリックス・メンデルスゾーン)
    Entflieh' mit mir(Felix Mendelssohn 1809~1847)
<21>その墓の上で          (フェリックス・メンデルスゾーン)
    Auf ihrem Grab(Felix Mendelssohn 1809~1847)
<22>揺れるよ幌馬車         (黒人霊歌/ウィリアム・ドーソン編曲)
    Swing low,sweet chariot(Negro Spiritual Arr.by William L.Dawson)
<23>誰も知らない私の悩み      (黒人霊歌/ロバート・ショウ編曲)
    Nobody knows duh trouble I see(Negro Spiritual Arr.by Robert Shaw)
<24>夜のうた            (佐々木伸尚)
<25>別れの歌            (中田喜直)


◆コンクール受賞等のあしあと2◆

< >内の番号はCD「ア・カペラの響きをもとめて-2」の収録曲番号

・合唱連盟50周年記念・声楽アンサンブルコンテスト東北大会
  一般の部 第1位金賞 <1><2>
   (1997.2.9 福島県・福島市音楽堂)
・第12回東京ヴォーカルアンサンブル・コンテスト
  ルネサンス・バロックの部 銀賞
   (1997.2.15東京都・尚美学園バリオホール)
・第13回東京ヴォーカルアンサンブル・コンテスト
  ルネサンス・バロックの部 銀賞 <3><4>
   (1998.2.14 東京都・尚美学園バリオホール)
第15回東京ヴォーカルアンサンブル・コンテスト
  ルネサンス・バロックの部 銀賞 <5>
   (2000.2.11 東京都・北とぴあさくらホール)
第14回東京ヴォーカルアンサンブル・コンテスト
  ルネサンス・バロックの部 奨励賞 <8><11><14>
   (1999.2.13 東京都・北とぴあさくらホール)

■録音
山形県河北町立北谷地小学校エントランスホール
CD<1><2>              (1997.2.13)
CD<3><4>              (1998.2.1)
CD<5>               (2000.2.6)
CD<6><7>              (2000.3.12)
CD<8><11><14>           (1999.2.7)
CD<9>~<10><12><13><15><16>~<23> (1999.4.4)
CD<24><25>             (2000.3.12)

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ア・カペラの響きをもとめて    (1996年出版)全24曲 2000円

CD1  photo

アンサンブル・コルネのCD
「ア・カペラの響きをもとめて」   MRL-500CD (※品切れ)

【収録曲】
Ⅰ 宝塚国際室内合唱コンクール入賞曲イギリスのパートソングとマドリガル)から
◆第10回記念大会《’93.7.23~25兵庫県宝塚市・ベガホール》
<1>森びとよ、陽気な角笛吹きならせ(ビショップ)
   Foresters,Sound The Cheerful Horn (Henry R.Bishop 1786~1855)
<2>長い一日が終わる       (サリヴァン)
   The Long Day Closes(Arthur Sullivan 1842~1900)
<3>ガチョウのひなたち      (ブリッジ)
   The Goslings (Frederick Bridge 1844~1924)
<4>美しいフィリス        (ファーマー)
   Fair Phyllis I Saw John Farmer c.1565~c.1603)
<5>わが涙と嘆き         (モーリー)
   Since My Tears And Lamenting (Thomas Morley 1558~1603)
<6>ロビン・フッド        (ウィールクス)
   Since Robin Hood (Thomas Weelkes c.1575~1623)
<7>聞け、天上の愛らしい天使たち (ウィールクス)
   Hark ,All Ye Lovely Saints (Thomas Weelkes c.1575~1623)

◆第9回大会《'92.7.25  兵庫県宝塚市・ベガホール》
<8>あいそのいい顔をした男は    (ハットン)
   He That Hath A Pleasant Face (John L. Hatton 1809~1886)
<9>涙せよ、わが瞳         (ベネット)
   Weep,O Mine Eyes (John Bennet c.1575~1886)
<10>ごらん、羊飼いたちの女王様を (トムキンズ)
   See,See,The Shepherds' Queen (Thomas Tomkins 1572~1656)

Ⅱヨーロッパ・ルネサンス期の教会音楽から
<11>キリエ《あわれみの讃歌》 ミサ”第六旋法によりロム・アルメ(戦人)”より
                    (デ・プレ)
    Kyrie〈from "Missa L'homme Arme Sexti Toni"〉(Josquin des Pres c.1440~1521)
<12>グローリア《栄光の讃歌》 ミサ”西風”より
                    (タヴァナー)
    Gloria〈from "Mass The Western Wind"〉(John Taverner c.1490~1545)
<13>クレド《信仰宣言》 ミサ・”パンジェ・リングァ”より
                    (デ・プレ)
    Credo〈from "Missa Pange Lingua"〉(Josquin des Pres c.1440~1521)
<14>アニュス・デイⅠ《平和の讃歌》 ミサ・”パンジェ・リングァ”より
                    (デ・プレ)
    Agnus Dei Ⅰ〈from "Missa Pange Lingua"〉(Josquin des Pres c.1440~1521)
<15>アニュス・デイⅢ《平和の讃歌》 ミサ・”パンジェ・リングァ”より
                    (デ・プレ)
    Agnus Dei Ⅲ〈from "Missa Pange Lingua"〉(Josquin des Pres c.1440~1521)
<16>アヴェ・マリア        (ヴィクトリア)
    Ave Maria (Thomas Luis Victoria c.1548~1611)
<17>おお、万物の作り主たる主よ  (マンディー)
   O Lord,The Maker (William Mundy c.1530~1591)
<18>おお、聖なる饗宴       (タリス)
   O Sacrum Convivium (Thomas Tallis c.1505~1585)

Ⅲ 山田耕筰作品集から
作曲:山田耕筰(1886~1965)編曲:増田順平(1934~)
<19>からたちの花     (北原白秋・詩)
<20 >すかんぽの咲くころ (北原白秋・詩)
<21>母のこえ       (大木惇夫・詩)
<22>電話         (川路柳虹・詩)
<23>夕焼け雲       (三木露風・詩)
<24>この道        (北原白秋・詩)


◆コンクール受賞等のあしあと1◆

<>内の番号はCD「ア・カペラの響きをもとめて」の収録曲番号

・第10回宝塚国際室内合唱コンクール
  グランプリ大会出演<1><~<7>
   ('93.7.25 兵庫県宝塚市・ベガホール)
・第10回宝塚国際室内合唱コンクール
  カテゴリーB混声の部 銀賞<1><2><3>
   ('93.7.24 兵庫県宝塚市・ベガホール)
・第10回宝塚国際室内合唱コンクール
  カテゴリーA混声の部 銅賞<4><5><6><7>
   ('93.7.23 兵庫県宝塚市・ベガホール)
・第9回福島県声楽アンサンブルコンテスト
  一般の部 金賞・福島県教育長賞<1><3><5>
   ('93.2.7 福島県須賀川市・文化センター大ホール)
・第9回宝塚国際室内合唱コンクール 混声の部銅賞<8><9><10>
      ('92.7.25 兵庫県宝塚市・ベガホール)
・第8回福島県声楽アンサンブルコンテスト
  一般の部 金賞・朝日新聞社賞
   ('92.2.2 福島県須賀川市・文化センター大ホール)
・第2回山形県声楽アンサンブルフェティバル
  講評者(村川千秋)特別賞
   ('92.2.11 山形東高等学校講堂)
・第7回福島県声楽アンサンブルコンテスト
  一般の部 朝日新聞福島支局長賞<11><15>
   ('91.2.3 福島市音楽堂大ホール)
・第10回東京ヴォーカルアンサンブル・コンテスト
  一般の部 金賞<12>
   ('95.2.12 東京都・尚美学園バリオホール)
・第5回山形県声楽アンサンブルフェティバル
  講評者(松沢俊子)特別賞
   ('95.2.11 山形東高等学校講堂)
・第8回宝塚国際室内合唱コンクール
  混声の部 本選出場<13><14>
   ('91.7.27 兵庫県宝塚市・ベガホール)
・第11回東京ヴォーカルアンサンブル・コンテスト
  ルネサンス・バロックの部 金賞 特別演奏会出演<17><18>
   ('96.2.7 東京都・尚美学園バリオホール)
・第6回山形県声楽アンサンブルフェティバル
  講評者(阿部昌司)特別賞
   ('96.2.11 山形東高等学校講堂)

■録音場所
兵庫県宝塚市・ベガホール      :CD<1>~<7>('93.7.25 グランプリ大会) CD<8>~<10>('92.7.25)
寒河江市立寒河江小学校講堂     :CD<11><15>('91.1.22) CD<13><14>('91.7.16) CD<16>('93.2.20)
山形第一聖書バプテスト教会ホール  :CD<12>('95.2.5)
河北町北谷地小学校エントランスホール:CD<17><18> ('96.2.4) CD<19>~<24>('95.10.15)

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

アンサンブル・コルネ

Author:アンサンブル・コルネ
代表 太田純功
℡:0237-86-6691 

コルネからのお知らせ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク