スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD「ア・カペラ 日本の歌」全27曲 好評発売中!

IMAGE000.jpg
アンサンブル・コルネの5枚目のCD

■「ア・カペラ 日本の歌」MRL-1200CD
Ⅰ 増田順平(1934~)の編曲作品から
  [1]夏の思い出  [2]椰子の実  [3]牧場の朝  [4]雪  [5]雪の降る町を
  [6]スキー
Ⅱ 信長貴富(1971~)の編曲作品から
  [7]里の秋  [8]箱根八里  [9]花  [10]みかんの花咲く丘  [11]別れの歌
Ⅲ 武満 徹(1930~1996)の作曲作品から
  [12]島へ  [13]死んだ男の残したものは
Ⅳ 木下牧子(1956~)の作曲作品から
  [14]おんがく  [15]ロマンチストの豚  [16]鷗  [17]夢見たものは
Ⅴ 湯山 昭(1932~)の作曲作品から
  [18]よろこびの歌  [19]春の誕生  [20]夏の嵐
  [21]こんなに秋の晴れた日は  [22]雪の夜の思い出  [23]歌ごえはささやく
Ⅵ アンコールにこたえて
  [24]赤とんぼ(山田耕筰・曲)  [25]わたり鳥(大中 恩・曲)
  [26]おやすみ(藤沢孚・曲)   [27]風の子守歌(池辺晋一郎・曲)

※ 試聴はこちら→試聴コーナー2



■増田順平氏(合唱指揮者/山形市出身)推せんのことば

  =アンサンブル・コルネへの応援歌=

 ヨーロッパ中世のポリフォニーを得意とするアンサンブル・コルネが、日本の歌を美しく心を込めて歌いたいと思うのは、日本人として至極当然のことでしょう。
 これまでのコンサートで多くの邦人作品や編曲を取り上げてきたものからピックアップされたこのCDは、歌うこと、ハモることが大好きな彼らの気持ちが、そして何よりアカペラ合唱への愛情と熱意が十分に伝わってくる一枚です。
 日本語を歌うのは意外に難しい面があり、母音の色が揃わなかったり、子音が出にくかったり、一音符一音節が多く平板な歌になりやすい面がありますが、それに果敢に取り組まれているのがよく分かります。
 アンサンブル・コルネで特筆すべきは、特にソプラノが終始安定していることです。これは賞讃に価します。このソプラノがいる限り、このグループはコーラスファンを魅了し続けることでしょう。私も一ファンとして、大いに今後を期待している一人です。
増田順平氏プロフィール





■5枚目のCD 「ア・カペラ 日本の歌」 全27曲
    1500円 好評発売中!


   (※CDのお求めは、山形市の富岡本店・八文字屋本店及び山形北店で)→CDの購入方法




アンサンブル ・コルネ
CD「ア・カペラ 日本の歌」の発刊について
2012年7月
アンサンブル,コルネ一同(代表 太田純功)
〒991-0032 山形県寒河江市南町3-1-6 ℡0237(86)6691

 このたび、CD『ア・カペラ 日本の歌』を発刊いたしましたので、ご案内いたします。
 私たちは、1982年の発足以来、指揮者なしの少人数のア・カペラにこだわりながら、コルネ(角笛)のように心しみ入る美しいハーモニーを目指してきました。 声楽アンサンブル・コンテストに向けて取り組んだルネサンス期の教会音楽やマドリガルなどを中心に、これまで4枚のCDを製作し、多くの皆様に好評をいただいております。
 しかし、一昨年までに20回を重ねた定期コンサートで、“日本の歌”も数多く演奏し、大切なレパートリーとして温めてきており、CDに取り上げていない魅力的な曲もたくさんあることに思い至ったところです。
 そこで、ア・カペラの小アンサンブルの楽しさ・面白さ・醍醐味といったものを、より多くの皆様に感じ取っていただき、味わっていただきたいとの願いを込めて、“日本の歌”だけをピックアップしたCDを造ってみました。
 2001年の11回コンサートより2010年の20回記念コンサートまでの10年間の山形テルサホールでのライブ録音の中から、合唱ファンの人達にも気に入ってもらえそうな素敵な日本の合唱曲を27曲選び取り、作曲者・編曲者別に再構成いたしました。
 多少のノイズや拍手なども混じっていますが、10年間同じマイク、同じDATの装置を使って録音したこともあり、音質のムラはなく、適度な残響を心地よく感じていただけるものと思っております。
 加えて、山形市出身の合唱指揮者で、名編曲家でもいらっしゃる増田順平先生から、原版を試聴してもらったうえで、素晴らしい“推薦のことば”を寄せていただくことができました。 大変光栄であり、一同大感激しているところです。
 つたない演奏ではありますが、ア・カペラに対する私たちの熱い思いが詰まった一枚ですので、ぜひお聴き取りくださいますようご案内申しあげます。




■「ア・カペラ 日本の歌」MRL-1200CD
◆録音データ◆
  会場:山形テルサホール ライブ録音(山形市)
 ○11thコンサート(2001.12. 1)    [26](アンコール)
 ○12thコンサート(2002.11.30)    [25](アンコール)
 ○13thコンサート(2003.12. 6)    [23](アンコール)・[24](アンコール)
 ○14thコンサート(2004.12. 4)    [4]・[6]
 ○16thコンサート(2006.11.25)    [12]~[16]
 ○17thコンサート(2007.12. 1)    [1]~[3]・[17](アンコール)
 ○18thコンサート(2008.11.28)    [18]~[22]・[27](アンコール)
 ○19thコンサート(2009.11.29)    [7]~[10]・[11](アンコール)
 ○20th記念コンサート(2010.11.27)  [5]

◆演 奏 者◆
SOPRANO
    太田 淳子  [1]~[27]
    松沢紀美子  [1]~[27]
    黄木 愛子  [1]~[24]・[27]
ALTO
    柴田 裕子  [1]~[11]・[17]~[27]
    村山 歩   [1]~[3]・[5]・[12]~[17]
    八鍬 信子  [1]~[4]・[6]・[12]~[27]
    鈴木 郁子  [4]・[6]・[23]・[24]
    永井 玲子  [7]~[11]
TENOR
    太田 純功  [1]~[27]
    小畑 広明  [1]~[27]
    鈴木 慎也  [1]~[4]・[6]~[27]
BASS
    小野 正司  [1]~[27]
    梅津 陽一  [1]~[27]
    布川 清史  [1]~[27]
スポンサーサイト

試聴コーナー2

アンサンブル・コルネ CD「ア・カペラ 日本の歌」試聴コーナー

試聴曲1:[1]夏の思い出
試聴曲2:[7]里の秋
試聴曲3:[18]よろこびの歌
試聴曲4:[24]赤とんぼ

20th 記念concert 2010.11.27(土) 午後6:30開演 山形テルサホール

      Program                 

第1ステージ  イギリスのパートソングとマドリガルから
1 夜のとばりが降りるとき         (J.ハットン)
  When evening's twilight (John L.Hatton 1809~1886)
2 フィリスはぼくのただ一つの喜び      (J.ホッブス)
  Phylis is my only joy (John W.Hobbs 1799~1877)
3 森びとよ、陽気な角笛吹き鳴らせ      (H.ビショップ)
  Foresters, sound the cheerful holn (Henry R.Bishop 1786~1855)
4 春は君の顔               (T.モーリー)
  April is my mistress' face (Thomas Morley 1558~1603)
5 フローラが美しい花をくれた        (J.ウィルビー)
  Flora gave me fairest flowers (John Wilbye 1574~1638)
6 涙せよ、わが瞳              (J.べネット)
  Weep O mine eyes (John Bennet ca.1575~1614?)
7 ごらん、羊飼いたちの女王様を       (T.トムキンズ)
  See, see the shepherds' queen (Thomas Tomkins 1572~1656)

第2ステージ  ヨーロッパ・ルネサンス期の教会音楽から
1 おお、大いなる神秘            (ウィリアム・バード)
  O magnam misterium (Willima Byrd 1543~1623)
2 おお、聖なる饗宴              (トマス・タリス)
  O sacrum convivium (Thomas Tallis ca.1505~1585)
3 アヴェ・マリア              (ジョスカン・デプレ)
  Ave Maria (Josqin des Prez ca.1440~1521)
4 ミゼレーレ                (グレゴリア・アレグリ)
  MIserere mei Deus (Gregorio Alleegri 1582~1652)   

第3ステージ なつかしいアメリカの歌から
1 懐かしいケンタッキーのわが家(S.フォスター/ロジェー・ワーグナー編曲)
  My Old Kentucky Home (Stephen C. Foster 1826~1864/arr. Roger Wargner)
2 金髪のジェニー        (S・フォスター/ロバート・ショー編曲)
  Jeanine with the light brown hair (Stephen C. Foster 1826~1864/arr. Robert Shaw)
3 ムーン・リバー        (H・マンシーニ/河西保郎編曲)
  Moon River (Henry Mancini 1924~1994/arr.Yasuo Kasai)
4 慕情            (S・フェイン/河西保郎編曲)
  Love is many aplended thing (Sammy Fain 1902~1989/arr.Yasuo Kasai)
5 誰も知らない私の悩み     (黒人霊歌/ロバート・ショー編曲)
  Nobody knows duh trouble I see (NIgro spiritual/arr.Robert Shaw)
6 もうすぐ終わる        (黒人霊歌/ウィリアム・ドーゾン編曲)
  Soon ah will be done (NIgro spiritual/arr.William Dawson)

第4ステージ 増田順平編曲/なつかしい日本の歌から
1 花の街          (江間章子・詞/團伊久磨 [1924~2001]・曲)
2 おぼろ月夜        (高野辰之・詞/岡野貞一[1878~1941]・曲)
3 アイスクリームの歌    (さとうよしみ・詞/服部公一[1933~]・曲)
4 赤とんぼ         (三木露風・詞/山田耕筰[1886~1965]・曲)
5 ペィチカ         (北原白秋・詞/山田耕筰[1886~1965]・曲)
6 雪の降るまちを      (内村直也・詞/中田喜直[1923~2000]・曲)

19th concert    2009.11.29(日) 午後2時開演  山形テルサホール

ゲスト出演 ≪ギター伴奏≫
       安孫子慎一郎(山形県ギター連盟)

          Program

第1ステージ  ルネサンス期のマドリガルから
1 美しいフィリス           (J.ファーマー)
  Fair Phyllis Isaw (John Farmer c.1570~?)
2 銀色の白鳥             (O.ギボンズ)
  The silver swan (Orlando Gibbons 1583~1625)
3 今は5月の季節           (T.モーリー)
  Now is the month of maying (Thomas Morley 1557/58~1603)
4 目覚めよ愛♪            (J.ダウランド)
  Awake,sweet love (John Dowland 1563~1626)
5 御婦人向きのすてきな小物♪     (J.ダウランド)
  Fine knacks for ladies (John Dowland 1563~1626)
6 今こそ別れ♪            (J.ダウランド)
  Now,oh now I needs must part (John Dowland 1563~1626)
7 帰っておいで♪           (J.ダウランド)
  Come again (John Dowland 1563~1626) 
      ♪はギター伴奏         

第2ステージ  ルネサンス期の教会音楽から
1 アヴェ・マリア            (J.ムトン)
  Ave Maria (Jean Mouton c.1459~1522)
2 アヴェ・マリア            (G.P.パレストリーナ)
  Ave maria (Giovanni P.Palestrina c.1525~1594)
3 すべて道ゆく人よ           (T.L.ビクトリア)
  O vos omnes (Tomas Luis Victoria 1548~1611)
4 ダビデ懺悔詩篇曲集より        (O.ラッスス)
   主よ、御身の怒りにて[詩篇6] [1] [2] [5] [6]
  Primus Psalmus Poenitentialis (Orlandus Lassus 1532~1594)
   Domine, ne in furote tuo 《Ps.6》 [1] [2] [5] [6]

第3ステージ  信長貴富編曲『ノスタルジア』から
1 すみれの花咲くころ   (F.デーレ)
2 埴生の宿        (H.R.ビショップ)
3 私の青空        (W.ドナルドソン)
4 旅愁          (J.P.オードウェイ)
5 花           (瀧 廉太郎)
6 箱根八里        (瀧 廉太郎)
7 里の秋         (海沼 実)
8 みかんの花咲く丘    (海沼 実) 

2009/11/18 山形新聞朝刊 「磨き抜いた歌声どうぞ」

山形新聞 上
山形新聞 下

プロフィール

アンサンブル・コルネ

Author:アンサンブル・コルネ
代表 太田純功
℡:0237-86-6691 

コルネからのお知らせ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。